お問い合わせはこちら

東京 ☎03-3259-1511 メールでご相談>

大阪 ☎06-6292-1511 メールでご相談>




野生動物達がみせる躍動感と雄大な大自然に、だれもが感動する。


大自然と野生動物の宝庫、タンザニア。ヌーの大群で有名なセレンゲティ国立公園。巨大なクレーターのンゴロンゴロの動物保護区といった2つの自然遺産があり、ダイナミックなサファリが楽しめます。また、タンザニアはサファリ以外の楽しみもあります。ひとつは、アフリカ最高峰のキリマンジャロを近くでみられること。登山からトレッキングやハイキングまで、さまざまなアクティビティを楽しめます。そして、アフリカの大地と共に長い年月を生きてきた狩猟民族ブッシュマンや遊牧民族であるマサイ族の人々との交流も楽しみのひとつ。現代に至ってもなお、自分たちのアイデンティティを守りつつ独自の暮らしを続ける彼らに出会い、そして暮らしぶりを垣間見て一緒にその日常生活を体験してみてはいかがですか?また青い海と空、白いサンゴ礁と豊かな緑に囲まれたインド洋の楽園 ザンジバル島でのんびりリゾートライフも楽しめます。


ンゴロンゴロ動物保護区ページトップへ>

ンゴロンゴロ動物保護区
Ngorongoro
世界自然遺産の
『ンゴロンゴロ動物保護区』

直径20km、広さ250平方メートルのクレーターは世界最大級のカルデラ(火口原)で、野生動物の存在するカルデラは世界でも珍しい存在として、世界自然遺産に指定されています。巨大なクレーターの縁の部分からは、緑豊な一大パノラマが見渡せて絶景。そこから高度差600メートルを4WDで一気に駆け下りていくのは爽快な気分です。カルデラにはサバンナや森林、湖や沼まであって、動植物や野鳥、昆虫などの宝庫です。ライオン、チーター、ハイエナ、カバ、ゾウ、ヌー、バッファロー、シマウマなど大型の野生動物が約2万頭いるとされ、野生動物の聖域とも呼ばれています。ランチボックスを持って1日クレーターの中を駆け巡り、ダイナミックなサファリを楽しむことができます。


セレンゲティ国立公園ページトップへ>

セレンゲティ国立公園
Serengeti
National Park
タンザニアを代表する
広大なサバンナ。

ケニアのマサイマラ動物保護区、そしてタンザニアのンゴロンゴロ動物保護区と隣接する、広大なセレンゲティ国立公園。マサイの言葉で「果てしない平原」を意味するだけあって、地平線まで続くサバンナには、ヌーやシマウマ、キリンやライオンなどの野生動物が60種類以上、300万頭あまり棲息している、まさにタンザニアを代表する国立公園です。ンゴロンゴロ動物保護区と並んで世界自然遺産に指定されています。年に2回、水と草を求めて大移動するヌーの大群は、6月の乾季を前にマサイマラへ移動を開始し、今度はマサイマラに水がなくなる9月頃から、マラ川を渡ってセレンゲティに戻り始めます。数百頭から1000頭余りのヌーの大群が一斉に川渡りをするシーンは圧巻です。


ザンジバルページトップへ>

ザンジバル
Zanzibar
異国情緒漂う世界遺産、
『ザンジバル島』

タンザニアの沖合いに浮かぶザンジバル島。珊瑚礁の美しい海に浮かぶ緑豊かな島です。地元の人々が暮らすのどかな漁村も多く、人懐こい子供たちとの触れあいも楽しいものです。昔の奴隷市場の名残があり、エキゾチックなムードがいっぱい。スパイスアイランドの異名があるほど、バザールではたくさんの香り高いスパイスが売られていたり、世界遺産の旧市街ストーンタウンの散策は魅力にあふれ、一度は訪れてみたい島なのです。サファリとのコンビネーションには一押しの島だといえるでしょう。


タランギレ国立公園ページトップへ>

タランギレ国立公園
Tarangire
National Park
バオバブの木と野生動物の
織り成す桃源郷。

地面から木が逆さに生え、根っこが天に向かって伸びていくようなユニークな形で知られるバオバブの木。大草原のあちこちにニョキニョキとバオバブの木々が生え、アフリカゾウの密度が高いことでも知られるタランギレ国立公園。広々としたサバンナの風景の中に、象の群れをはじめキリン、バッファローにシマウマ、ヌーといった草食動物が群れをなして悠々と生きている心地よい国立公園です。草原や丘陵地帯、そしてタランギレ川が流れ、変化に富んだ地形の中でのサファリがたのしめます。バオバブの木の下にゾウやシマウマがいて、タランギレらしい絵になる風景を生み出しています。ただしここのバオバブはゾウが幹の皮を剥いてしまうため、どれもがごつごつして荒々しいのが特徴です。


マニャラ湖国立公園ページトップへ>

マニャラ湖国立公園
LakeManyara National Park
湖畔のサファリが楽しい、
『マニャラ湖国立公園』

マニャラ湖国立公園は、湖の畔を走って水辺の動物や鳥を観察したり、緑に溢れた森林の中の道を走ったり、広々と視界の開ける草原を走ったりする、変化に富んだサファリが楽しめる国立公園です。さまざまな地形が多くの種類の動物の生活環境を生み出しているのが興味深いところです。グレート・リフト・バレー(大地溝帯)の底に位置し、ンゴロンゴロ動物保護区やセレンゲッティ国立公園へ向う道中に位置することから、タンザニアの周遊プランに必ずといっていいほど含まれる国立公園です。ゲートの近くに群生するバブーンをはじめ、象にキリンにカバにハイエナ、サバンナモンキーなどなど、たくさんの動物に出会えるサファリが楽しめます。また、湖の畔では、ペリカンやフラミンゴの群れもいたりして、楽しみがいっぱいです。


ハッサベ族ページトップへ>

ハッサベ族
Hasabe
昔ながらの伝統的な生活を営む、
ブッシュマン。

アフリカ大陸の広大なサバンナの静寂に包まれた早朝。湖を朝日が赤く染め上げる、息を呑むような光景の中、美しい鳴き声を披露するさまざまな鳥たちの合唱を聴く・・・そんなシーンに自分がいることを想像してください。思わず早起きしたいと思いませんか?アフリカ大陸で残り少ない狩猟・捕獲民族であるハッサベ族の故郷エアシ湖は、タンザニアのマニャラ湖国立公園の郊外に位置する、大自然の宝庫です。そこで暮らすのがハッサベ族。クリック音でコニュニケーションを取る部族は300ほどいるといわれますが、その中の一族ハッサベ族は、いまだ昔ながらの伝統的な生活を営無と頃から、ブッシュマンとも呼ばれる貴重な存在です。


キリマンジャロコーヒーの村ページトップへ>

キリマンジャロコーヒーの村
Kilimanjaro
言い伝えをたくさん持つ部族
チャガ族の村。

キリマンジャロの麓に暮らすチャガ族は、商売のセンスに長けており、ビジネスの分野でかなり成功している部族ですが、未だにキリマンジャロの麓にて昔ながらにバナナやコーヒーの栽培をして生計を立てている人々もいます。チャガ族には親から子へと代々語り継がれてきた多くの知恵や言い伝えがあります。彼らは今でも薬は村の周りの森から調達します。バンソウコウはアリのキバを使います。村人と一緒に村を歩きながら、彼らの習慣や様々な言い伝えを聞くアクティビティはアフリカ文化を体験できる絶好の機会です。 週に数回開かれる、チャガ族の村のマーケットでは様々な部族が集まり彼らの生活を垣間見ることができます。


カタヴィ国立公園ページトップへ>

カタヴィ国立公園
Katavi
National Park
地球にこんな場所が
まだ残っているんだ!!

「絶景」「秘境」「大自然」「サファリ」これら4つのキーワードがすべてピタっと当てはまるのがタンザニア南部のカタヴィ国立公園です。タンザニア北部のサファリの拠点アルーシャから、国内線のフライトで約4時間。しかもそのフライトが週に2本しかないという辺境の地にあります。ケニアの人気サファリ・スポット、マサイマラ動物保護区のなんと2.5倍の広さながら、ロッジの数はわずか4軒。しかも各ロッジとも、5~6部屋しか収容人員がありません。そんなロケーションながら、大自然とサファリは天下一品。サファリ上級者でさえ、満足することでしょう。本当に地球上にこんな場所があったのかと、大感動の旅となるはずです。